中村祥さんの「M・R・Mプロギラム」は自宅でできる改善方法です。

治そうと頑張ってる間は治らない

 

いままでの吃音改善プログラムは逆効果?

 

長年吃音で悩んだ私が納得したこの改善法の体験記

 

私の体験記、なぜこのMRMをお勧めするのか

 

6週間のカリキュラムで気が付いたら吃音も改善

 

 

MRM≪吃音(どもり)・改善プログラム≫

 

は一般的な吃音を改善する訓練もなく、長年どもりで苦しんだ私にも
ハッとさせたプログラムです。

 

なぜならこのMRMは『よしっ吃音を直すぞ』と意気込んでいる間は治らない、
吃音克服の訓練はむしろ逆効果、という今までにないアプローチなのです。
したがって 一般的なプログラムや講座によくある呼吸法や
発声トレーニングは一切ありません。

 

 

実践してみた結果については私なりの分析ですが
心理的効果身体的効果に分けられる、と感じました。

 

今までの他のどのプログラムでも長年苦しんだ吃音が短期間で治すのは困難でしょう。

 

ところがこのMRMを体験してみますと
まずどもっても構わないという心理的効果が早く現れました。
すると必然的に口元への意識が薄れて話すことが楽になる身体的効果
徐々に出てきました。

 

この心理的効果が大きく身体によい影響を与えます、
そして身体的効果として僅か数週間で吃音が徐々に軽減されることはすごいです。
過大PRはしません。
私の場合、吃音そのものはまだ改善途中ですが効果が実感できるのです。
そしてどもってもどもらなくてもどうでもいい心境になって
精神的にすごく楽なのです。

 

朝、会社に出勤して『おはようございます。』と言いたいけれど『おはよう、の』が出てこない貴方
朝からつらい思いをしてませんか?

 

あるいは自己紹介を順に、という場面では順番が近づくにつれ心臓の鼓動が
大きくなって、先に話してる人の声は耳に入らず、という状況もつらいですね。

 

さぁこれから300人以上の改善実績のある6週間のカリキュラムとは
を体験談で詳しくご紹介します。

 

 

当サイトの管理人

マサミと申します、もう高齢者で長年吃音でつらい人生を歩んできました。

 

 

そんな私が同じ悩みをお持ちの貴方に経験を通じてお役に立つサイトを、
と考えています。

 

 


私の長い人生で吃音を克服するために試した色々の体験はこちらの
プロフィールで詳しく紹介しています。

 

プログラムの詳細内容は公式ページに詳しく書かれているので、このページでは

  • なぜ私はこれを選んだのか、
  • 試した結果はどうだったのか、
  • 他のプログラムとの違いは

など皆さんが迷われた時にお役に立つようお話します。

 

*当サイトのレビューは、あくまでも私の個人的な視点でのレビューです。
他の受講者の方の効果や販売者様の主張と異なる部分が
あるかもしれませんが、実践した生の声ですのでご了承ください。

 

 

どうなれるのか

 

効果のイメージ図です、短期で上図から下図のように変われます。

 

 

  このプログラムは吃音克服の訓練が一切ありません。
  エクササイズを進めていくと

    • どもりが気にならない
    • どもりを忘れる
    • どもりを乗り越える
    • どもってもどもらなくてもどうでもいい

    という心境になってきます
    そうすると楽に話せて上図の悪循環から好循環に短期間に変われます。

     

    えっ、どういうこと?

     

    と思われるでしょう

     

    この講座の神髄は
    貴方にとっての人生の成功は何なのか
    を明確にし、
    それに向かってわき目もふらずに情熱を注げることです

     

     

    このMRMを実践すると下記枠内は公式サイトからの引用ですが

    ・ 人生に対する不安や恐怖がなくなります
    ・ 本当に望んでいる価値が明確になります
    ・ 立てた目標は必ず達成できるようになります
    ・ 欲しいものが手に入るようになります
    ・ 人間関係で悩む事がなくなります
    ・ 同性からも異性からも愛される人間になることができます
    ・ 他人から尊敬されるようになります
    ・ 収入が上がります
    ・ 自信がつきます
    ・ 自分を好きになります
    ・ 問題が起こっても冷静に対処できるようになります
    ・ 人前で過度にあがったり、赤面したり、緊張したり、恐怖を感じなくなったりします

     

    どうでしょうか、チョットいいことづくめの書きすぎの感はありますが
    吃音改善の文字がありませんね。

     

    吃音を直す人生から自分の人生を成功に導く努力に切り替えましょう。
    自分の人生を大事にしましょう、という指導が根底にあります。

     

     

    『でもそんな将来的なことより早く吃音を克服したいんだ!』

    という声が聞こえそうですが
    まずこの〈目先の吃音改善〉に意識が集中すること自体がマイナス暗示を
    入れ続けていること
    に気付いてください。

     

    人生にとって一番大切な幸福と成功に導く努力に重点を置く
    エクササイズをしましょう

    そして
    気が付けばついでに吃音も改善されていた、という結果になります。

     

         公式サイトで公開されている受講者のインタビューです
         

     

         

     

    なぜそうなれるのか

    自己イメージの書き換え

    自分はどもりで恥ずかしく劣等感を持った人間だ、とあなたはイメージを持ってますね。

     

    それはあなたが自己イメージしている姿で潜在意識はそのとおりになるような行動をとるからなのです。
    今までの貴方(私も)は不安と劣等感に満ちた自己イメージで人生を歩んできました。

     

    だからそのイメージを消して、
    これからは成功と自信に満ちた自己イメージに置き換えるエクササイズをするのです。
    そして、人間性を進化させて成功・幸福・自信に満ちてくれば気が付けば吃音も治っていた。

    となるのです。

     

    ナポレオンヒルの『思考は現実化する』という有名な書物をご存じでしょうか
    思考つまり自己イメージを成功に導くトレーニングをするのです

     

    潜在意識はアマノジャク

    あがらないようにしよう、と自分に言い聞かせると逆にあがる、
    ということはよく耳にしますね。
    いままで貴方(私も)は人前や電話で声を出すとき、
    どもったらどうしようと心配になります。
    そして口元に意識が集まって緊張した状態で発語するため
    余計に声がでなくなってしまう。
    そして 『あ〜またどもってしまった』と潜在意識に書き込まれる
    という悪循環に陥ってたことハッとしませんか。

     

    ということは逆に
    『どもっても平気だ、どもってもどもらなくても どちらでもいい』

     

    すなわち、どもりを忘れる・どもって気にならない
    という気持ちになれば逆に緊張せずに楽に話せます。
    またストレスもたまりません、人生が随分と楽になります。

     

    このMRMプログラムを実践すると短期間でこの心境になりました。

     

    ≪自分を受け入れる≫っていいますよね、この受け入れるを別ページで考察して
    みましたので覗いてみてください。
    まさにこの心境かもしれません。

     

    私がMRMメソッドを購入した理由

    MRMプログラムのサイトを見つけたとき、販売されてる運営者の方が
    大変お若い方なのでちょっとビックリ。
    そんな人生経験の少ない人物の講座なんて中身の薄いものだろう、の先入観でした。

     

    しかし公式サイトでは紹介されてないのですがネットサーフィンをしてると
    たまたまyoutubeで動画を 公開されているのを見つけました。
    それはパラダイム編(理論編)を解説した内容で、3本あって合計で2時間
    を超える内容です。

     

    一般的な吃音の説明といえば、種類・原因・身体的欠陥かなどの説明ですが
    このMRMはそういった説明はサラッと流しています。
    むしろ、 吃音が改善しない仕組み・吃音なった原因・吃音克服とは何か?
    といった項目について、 他のプログラムの内容と改善のアプローチが異なる

    ことに気が付きました。

     

    長い動画ですが下にリンクを貼っておきます、ぜひ販売者様(中村さん)の
    研究成果や人間性も伝わるので生の声もお聞きください。

    (この動画だけで吃音が改善する人もいるそうです,そうなればお金も使わずラッキーですよ)

     

    販売者様は 私の息子よりお若く、大丈夫なのかという感じでしたが
    動画を見てみると 大変しっかり勉強されて人物写真だけの印象とは
    全く違った感じ(失礼)、
    つまりお若いのにちょっと見直したな、というところです。
    なので、 さっそく購入してエクササイズを実践しました。

     

    メリット・デメリット

    メリット

    1,生きることが楽になります。

     

    私は人生の成功より吃音を治したい、という小さな目標にとらわれ
    長い人生で無駄なお金と時間をどれだけ浪費したか後悔してます。
    一人相撲って言いますね、自分で自分と相撲をとって一人苦しんでるのです。
    このしんどい生き方から楽な生き方に変われます。

     

    2,教材以外のメールのアドバイスが多く安心できた
    心が軽くなるメッセージが多いです。

     

    他の方の質問に対する回答はなかなかわかりやすく、私にも役に立ちます。
    エクササイズのやり方がよくわからない部分があったりしますが
    他のかたも疑問に感じるのですね、質問しようかと思ったらシェアメールとして
    アドバイスや補足メールがきます。

     

    3,ボリュームが多い
    公式サイトで一日20分のエクササイズを謳ってますが、
    私の場合1日20分ではとてもできませんでした。

     

    これってデメリットではないのか、と感じるかもしれませんが
    私(あなたもたぶん)はマイナス暗示とプラス暗示の力の大きさを比べると
    マイナス暗示のほうが大きいのですね。

     

    例えば次の単語は言えるだろうか
    と考えた時に言えないのでは?と不安に感じた方が
    潜在意識によくしみこむのですね。
    このボリュームの多いエクササイズをやってると
    マイナス暗示を考える間がないのです。

     

    デメリット

    1子供さんには向かない,
    内容的に社会人向けですね。

     

    2,ネット環境がないと実践できない
    テキストは印刷版もありますが動画はダウンロード形式です
    またメール環境がないとアドバイスも見られません。

     

    3、難しい部分があった
    テキストを読んでいてよくわからない箇所はちょくちょくありMRMプログラムのました。
    表現方法をもう少し優しいほうがいいですね。

     

     

    4,メールでの質問権がありますが直接の回答がないため、少し不満があります

     

    私が感銘を受けたこのMRMプログラムの神髄は

     

    人生を好転させることが目的

     

    『 吃音改善なんてちっちゃなことで神経と時間と金を使わず
    自分を進化させ・自信を身につけ・成功に導く・という人生に
    なる努力しましょう、 気が付けば吃音も克服していますよ』

    ということですね.
    私は吃音にとらわれた、また振り回された人生だったことに
    今頃気が付きました。
    吃音克服よりもっと大事なことがあるのです、そちらに目を向けましょう!

     

     

    さてプログラムの進め方は

     

    最初は広告ページだけではあまり内容はわからずに、
    ただ吃音経験豊富?な私からすれば
    たぶん発語・発声訓練とイメージトレーニング
    を基本としたものだろう、と推測してましたが、
    従来のこうした吃音改善の訓練がないのです。

     

    その講座内容は

     

    パラダイム編


    パラダイムとは辞書によると「物の見方や捉え方」と書いてあります
    まさに「吃音の見方や捉え方」が164ページに渡って解説してあります
    きちんとした知識をもってマインド編に進みましょう、ということですね。

     

    項目は
    1、吃音とは何か
    2、吃音が克服困難だとされている本当の理由
    3、吃音が絶対に改善しない仕組み
    4、吃音者になってしまった真の原因
    5、吃音の真の正体
    6、吃音克服とは何か?
    から構成されてます。

     

    テキストも繰り返して読むことを勧めています。
    すなわち

     

    • 1回目は内容を把握する
    • 2回目内容を理解する
    • 3回目は府に落ちる

    と理解が深まって新しい気づきがあるのです。

     

    先に紹介した パラダイム編を抜粋した無料動画を
    ご覧になれば運営者の方の人柄や考え方が伝わてきます。
    またこれだけで他の対象療法的な講座とは違う、とわかります。
    そしてこれだけで心が軽くなる方もいるそうですよ。

     

     

                  

     

     

    マインド編
    エクササイズがレベル1〜6まであり、ひとつのレベルのエクササイズを一週間かけて行います。
    まず各レベル毎に動画講座があります。
    ( 動画を事前に請求してダウンロードします,この請求により進捗度を把握してるようです)。

     

    ここでの大きな特徴は「吃音改善」の単語がほとんど出てきません、
    いわゆる自己像を変えるエクササイズになります。

     

    ノートとペンを持った
    書く作業

    マインド・シフトの組み合わせからなります。

     

    〈弱気で劣等感をもった自己イメージ〉から
    〈悩みを解消して積極的で勝者になる自分〉に変えます。

     

    メールによる補足
    メールが平均して3日に1回くらい来るでしょうか。
    受講生の代表的な質問に対しての回答が圧倒的ですが、
    テキストに載ってない考え方や指導があって新鮮かつ役に立ちました。
    印刷して今でも繰り返し目を通しています。

     

    付録

     

    1. 『勇気を手に入れる究極の方法』(小冊子 PDF版)
    2. タイとル通り、これを読むと随分心が軽くなります。

       

    3. 『どもり薬』(小冊子 PDF版)
    4. ちょっと変なタイトルですが、緊張する場面などで試すとよい”小わざ”が
      列挙してあります、
      自分に合った方法で実践すればいいです。

       

    5. メール質問の権利
    6. デメリットにも書いてますが直接の返信がないのでちょっと不満です。

     

     

    このプログラムの向いてない人は

    300人以上の実績があります。
    改善率は100%かというと4人中3人ということなので75%の数値になりますね。
    ただ他のどんなプログラムでも100%の改善率はないでしょう。
    それは原因と症状が個人によって皆異なること
    そしてプログラムに参加する個人の心構えと姿勢も訓練度も異なるからです。

     

    • 読んだだけでやったような気になる人
    • 効果をあせる人
    • エクササイズを機械的にする人
    • どうせ治らないだろう、と否定的な方
    •  

    という人はMRMだけでなく、何をやっても結果が出ないと思います。

     

    私の成果は

     

    このプログラムを受講した感想は短期間なのに心が軽くなった・


    気持ちがかわったことですね
    吃音そのものはアナウンサーのごとくに一気には改善しませんが、
    大きな効果としては口元への意識が大幅に減ることによりかなり楽に話せます。

     

    そして気持ちと生き方が随分楽になった、心が軽くなったという状況です。

     

    私はこのプログラムに10年20年前いや、30年40年前に出会っていればよかった、感じます。
    この講座の特徴は、他の対象療法とは全く質の違う効果とスピードがある、ということでしょう。

     

    それなら今までの色んな講座体験は無駄だったのか

     

    吃音というのは心(潜在意識)に染み付いたクセだと思います
    そしてそのクセで生きてきた期間と改善の努力は比例します。

     

    だからそのクセを取り除くにはそれなりのパワーと期間が必要でしょう。
    私の場合は60年も吃音とつきあってるので何週間とか
    何か月では潜在意識の書き換えは困難です。
    プロフィールにも書いてますが随分お金と時間を費やしてきました。
    この年になっても、ここ10年でもこの講座を含めて3つ受講してます。

     

    ただ最近になって感じるのは人生を通じて40年前と比べたら
    随分よくなったな、と感じます。
    日常生活は不自由はなくなったし、たとえば昔なら留守番電話
    に用件を録音なんて とんでもないことでしたが最近は大丈夫になったとか。
    人前での話す機会も増えますがどうにか緊張しながらでも話せます。
    なのでいままでの努力もまったくの無駄ではなかったと確信はしています。

     

     

     

    MRMの費用は

    29,700円です
    この費用より安い講座もあれば高い講座があります
    要は費用対効果でしょうね。

     

    安くても治らなければ意味がない、高くても治れば安い、
    高くて治らないのが話しにならない
    でも世の中には詐欺的商法もあるようですね。

     

    私は人生にかかわる悩みなので5万でも10万円でも本当に
    治るのであれば安いと思います。

     

    むかし通った吃音改善教室で「薬で治るなら10万円払ってもいい」
    と云ってた人がいました。
    でもそんな『ないものねだり』してもだめですね。

     

    また治るか否かは原因・程度・エクササズの取り組み方、
    年齢(吃音期間)など個人差が非常に出るでしょう。

    したがって、この金額の価値観は貴方次第ですね、

     

    私はフォローメールもずっと続くようなので妥当で,、かつ良心的かなという印象です。

     

    返金可能

    今まで色々試してきたがダメだった、このプログラムも結局効果がないのでは
    とあなたは心配されるでしょう。
    でも90日間真剣に実践されたにも関わらず改善効果がなかった場合には
    返金保証
    があるので安心です。
    ( 90日とは6週間が基本コースですが効果が得られない場合はもう一回の実施を進めているためです。)

     

    ただ内容把握のために返金目当てで購入することは絶対にやめましょう、
    ズルをすると必ず自分に返ってきます、人生経験からです。

     

    総評

    このMRMは
    教材もエクササイズもボリュームの多いプログラムですね。
    フォローメールも印刷して教材としてファイルしてますと結構増えてきます。

     

    完璧なマスターは無理で販売者さまも60点主義を勧めています。

     

    パラダイム編とフォローメールを読むと
    「ウンウン、なるほどそうだよな〜」と納得する点が非常に多くて
    生き方の参考になったり気が軽くなったりします。

     

    短期間で心理的効果がでる今までにないプログラムでしょう。

     

    ただ個人差が非常にあるのも吃音の特徴なので
    6週間で完治する人とまた効果が少ない方もいることでしょう。

     

    なので一通りのカリキュラムが終わっても、それで止めないで続けることが大事です。
    ただどの講座もそうですがエクササズにマンネリが出てきますので、
    自己イメージ(潜在意識)の書き換え訓練を継続する自己との競争ですね。

     

    成功と幸福になるエクササイズを習慣にすればマインドは
    ドンドン成長すると思います。

     

     お申込みはこちら
             
     【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム



    MRMに関してご疑問点や不安なことなどがあれば遠慮なくお尋ねください。

     

    お問い合わせはこちら

     

     

    補足


    公式サイトでは公開されてませんがメール講座の一環として下記の動画を公開されてます。
    3巻で合計2時間を超える内容ですが販売者様の研究成果や人間性が生の声から伝わります。

     

    *最後の案内に「〜明日のメールで・・ 」の部分がありますが、メール講座の一環
    として公開されている動画であることをご承知おきください。

     

     

     

     

     

    この動画だけで吃音が改善する人もいるそうです
    (そうなればお金も使わずラッキーですね)

     

    他のプログラムの簡単な紹介とMRMとの違い

    吃音はとてもメンタルな現象ですね
    だから心理的影響がとても大きく左右するので
    気持ちの切り替えをいかにするか、できるか
    にかかってきます。
    そういった意味ではMRMプログラムがダントツで効果がでます。
    違いを簡単にまとめますと他のプログラムは吃音改善が目的です。
    MRMプログラムは自分を進化させて成功と幸福を得るプログラムで、
    気が付けば吃音も改善されてた、という目的とアプローチが全く異なるところですね。

川村恭弘さんのプログラム

先の島田さんの紹介があって興味を持ったので2014年に受講しました

 

 

T、アプローチ

 

6要素の要素を改善していくという
アメリカで開発された科学的な方法
で、それは
1・生理的反応(無意識で動く体の反応を観察し、意図的に変えてみる)
2・振る舞い(ボディラーゲージを変える)
3・感情(気持ちを切り替えてみる)
4・意図(会話に対して臨む視点を変えてみる)
5・信念(自分の吃音は改善すると思い込む)
6・認識(捉え方を変える)

 

の6要素です。これらを均等に改善・成長させていく
そして掛け算でありどれかの要素が 0点 なら 結果は 0 という位置づけです。

 

 

U、教材について
週1回配信される20分程度の動画講義のみ

 

V、わかりやすさ
講座録音は声が小さく早口でちょっと聞き取りにくい
海外で専門的に勉強された内容で
理論的に説明される部分も多いです。
また英単語も多くて少し難しく感じました。

 

W、訓練に要する時間と期間
1日30分程度で6か月

 

X、受講料
費用月払い9800円X6回 または 一括払い49800円
の費用は高めです。
Y、フォローについて
時々アンケート報告すると、それに対してのコメントがかえってきます。

 

 

感想と結果
毎週、動画配信があるので新鮮な感じで進められます。
動画の感想は川村さんも以前は重度の吃音者だったようで講座録音は声が小さく早口でちょっと聞き取りにくい感じもします。.

 

結果は訓練中はある程度改善しました。

 

興味のある方はこちら無料動画も配信もされてますよ。

 

どの講座もそうですがカリキュラムが終了したらスラスラと
喋れるようになる、と過度の期待をもってはダメですね
(でも高い費用を払うので期待もしますよね)
改善度合いによって終了後も訓練を続ける必要はあります。

 

この講座も最終回には「継続して訓練を続けてください」という
指導でしたがやはり終了後はマンネリになり、いつの間にか 止めてましたね。

 

島田誠さんのプログラム(現在サイトは休止されてるようです)

 


(2010年の受講なので現在は改定されてるのでは、と思います。)

 

 

 

 

T、アプローチ
吃音改善のための呼吸法、ストレス解消、脳トレーニング

 

U、教材についてはレジュメ 125ページ(PDF版) のみ
テキストの項目は
1、吃音の基礎知識
2、一般的な常識の間違い
3、矯正テクニック
4、こどもの吃音治療法

 

となっておりメインは3、の矯正テクニックですね。
項目は
@基本呼吸法プログラム
A緩呼吸法プログラム
B表情筋プログラム
Cストレス解消プログラム
D吃音克服脳トレーニング
となっています。

 

V、わかりやすさ
特に理解に苦しむ、という部分はなかったですが、 腹式 呼吸の訓練がありました。
吃音度チェックの項に50秒吸い続ける、というのがあるのですが
どうでしょうか。いくら頑張っても私は20秒が精いっぱいでしたが・・・。

 

W、訓練に要する時間と期間
1日の訓練時間は15分で、180日の期間です

 

X、受講料は15000円で、返金保証があります。

 

Y、フォローについてはPDFの追加資料が一回と何度かの情報メールが来ました。

 

Z、効果は?
6 つのステップを進んで行くのですがマスターした感じと
効果があまり感じられなかったですね。

 

まぁこれは個人の取り組み方と根気でしょうがねぇ、
訓練もマンネリに感じて、当初の気合も緩んでいつの間にか
やめてしまったようで・・・。
で、成果も少しあったような、また元に戻ったような・・・。

 

感想
PDFのマニュアルを読んで訓練だけ、というのは中身が
よくても継続が難しいです。
ただ、何年か後に島田さんから『アメリカの新しい考え方
を取り入れたこんな講座があります」
と次で紹介する川村恭弘さんの講座の紹介メールが届きました.。
普通は同業者というかライバルの紹介ってあまりしませんよね。
なのにライバルとなる講座を紹介するとは
島田さんは 吃音改善を良心的に取り組んでおられると思いました。

 

 

島田さんも川村さんもそれぞれご自分の吃音改善の体験に
基づいて作られたカリキュラムなので怪しい教材ではありません。

 

ただ効果は吃音の個人差や受講姿勢などで合う・合わないが出ると思います。

 

 

 

 

ページの先頭に戻る 

 


 
トップページ サラリーマンのページ 早く治る思考とは 自宅でできる改善法 MRMプログラム体験談