こどもがどもり始めたらどうする、カウンセリングに行くべきか.?,

お子様がどもり始めたら

子供さんがどもり始めたら随分心配でしょうね。

接し方

この問題に関しては子供さんの人生にかかわることなので安易なことはいえません。

 

私の母は・・・。

 

小学校3年の時でした
隣の席にどもりの子と並びました。
いつの間にか移ったのでしょうか
言葉が出にくくなってたようです。
母親がびっくりしたように『ちゃんと喋りなさい』とひどく叱られました。
それ以来、喋れないことに叱られる、という想いで委縮するように
なりました。

 

また、たぶん先生と相談したと思うのですよ。
本読みを家でもさせるのです、
ちゃんと読めないのに・・・。

 

で、また叱られる、
悪循環でますます喋れなった記憶があります。

 

それからすっかり・・・。

 

4年になってクラス替えがありまして
また別のどもりの子がいました。

 

国語の本読みで、その子はどもりながら少しの行を読み終わると
『上手に読めました』と先生。

 

私が読むと、『もっとちゃんと読みなさい』と叱られるのです。

 

私は難発に分類されるのですね。
言葉が出ずに単語をひとつずつポツリ・ポツリとしか話せず、続けて読めないのです。
だから先生には本読みの下手な子、という印象だったみたいです。

 

話しがそれました。
わたしが言いたいことは
子供さんがどもり始めた時の親の接し方がいかに大事かを言いたいのです。
もちろん私の母も心配しての行動だったのですが一番誤ったことをしたようです、

 

私の母を反面教師としてください

私の母のように叱るのはもってのほか

 

やさしくても
『ゆっくり話してごらん』
「慌てなくていいよ」
「落ちついて話しなさい」
など、話し方を指摘するのも禁句

 

それから、助け船をださない
つっかえてるときに『〇〇なの?』
と言ってしまってはダメです。

 

 

知らん顔をしてゆっくり会話をしてください、
ゆっくり会話する雰囲気を作ってください。
子供に話すことをとにかく意識させないこと
『言いにくい』
『他の子供と話し方が違う』とか
を感じさせないことが大事です。

 

またご主人との会話で子供の吃音を心配してるとか
の会話を聞かれなこと

 

家の仲で気を付けることはこれくらいです。

 

じゃぁ、これからはどうするの?ってことですよね。

 

 

治療機関に連れていくのか

病院とかカウンセリングに連れて行くか?

 

なんとか早く治す方法はないものか、と思われるでしょう、
しかし、ちょっと待ってください。

 

 

吃音は確立した原因や治療方法はなく、病院で治ったということを
聞いたことはありません。
言語聴覚士は脳梗塞などで脳の障害で言語障害がでた場合の
勉強をしているので吃音の知識はない人が多くピントのずれた判断で
治療しても悪化の可能性すらあると思います。
診察を受けること自体が子供に『自分は正常ではない』という意識付け
をしてしまうという厳しい現実があります。

 

吃音の子供さんを持つお母さんの体験サイトがあります。
こちらです
非常に参考になるでしょう。

 

治療は早い方がよいという意見と、病院へは行かない方がよい
と意見は分かれます。

 

ただ、医療機関(治療者側)は早い方がよい、と云います、

 

また患者側は行かないほうが良い、の傾向にあるようです。

 

私の見解ですがこの図のような判断になろうかと思います。

 

 

難しいですが最終的にはお母さんの判断になります。

 

良いアドバイス

をヤフー知恵袋で見受けたので紹介します。
midori3203さんという方のアドバイスです。
アドバイスは最後に紹介しますが、まず実践さた方
の体験談をご覧ください。

 

 Aさん の相談です。

 

次にこの質問に対してmidori3203さんのアドバイスを実践された
 Bさん の体験談です。

 

 

そして

 

 

さて、いよいよmidori3203さんのアドバイスです。

 

 


 
トップページ サラリーマンのページ 早く治る思考とは 自宅でできる改善法 MRMプログラム体験談